出会い系で会った女性がイメージと違った場合の上手な断り方!

待ち合わせをしていて「好ましくないおばさん」「ブス・ふくよかな女の人」が到来した状況の現場に出くわしてしまう事もあるかもしれません。

「お会いする予約が確立された!さあデートしよう!」

と気合をもって出会った、ものの、

「え?写真と違くない?マジパネ?」

と考えてしまうぐらいに、太っている人であったり、地雷女性だったりします。
そりゃ、一緒に歩いていたら恥ずかしい。
これはないな…。

って女性。

そういうふうな女の人にお会いすることは、一歩ずつ女の人をセレクトしていたとすればそれほど発生することってないのですが、確率は0ではありません。
出会い系サイトと呼ぶのは相互に表情が見られないのだから当然ですよね。

「お会いするする直前に写メの交換をスタートさせておけば、そういったことは発生しない」と感じている男性陣はいるかもしれません。
けど、遺憾なことに、このようなことは写メの交換に触れいても発生する可能性はあります。

女性の写メの撮り方はベストだったり、リニューアルしていることもあるのでハメられるかもしれません。自分はたびたび覚えがあります。
最近ではスノーといったアプリで簡単に詐欺写真が取れてしまいます。

最近はプロがPhotoshop作成しなくても簡単に見栄えの良い写真が作成出来てしまうのです。

さて、こういった女性陣が待合わせ場所に現れたら、無論のことながら速攻で帰りたいと考えてしまいます。
費用が関与しているような出会いからすれば、なおのこと感じることでしょう。

に関しても、適切断り方が見受けられず、我慢しながら30分~40分、もしくは多くの時間一緒になってデートする。
苦痛だけど、仕方がない。こういった男性、相当いるなどと言われていますね。

ではあるけれど、ワリキリ交際目的のように「費用が絡まる出会い」の場合、ストレートに拒否したほうが最適です。

お金が関わっている以上、女性側はビジネスなのでどうにもできないものと言えます。
彼女らも別の新しい客を探すためにも時間はもったいないのです。

でしょうが、ハッキリと違法風俗の延長戦の援デリの場合腹が立ちます。

「ふざけんな!!」

ぐらいのことは言いたくります。

また、相手が業者やセミプロフェッショナルではない女性の方、所謂「一般女性」だった場合に「どのようなやり方でやんわり断るか?」といった部分です。

ですから、「どういう風にして女性陣を傷めないで退けるか、逆に凌駕するか」を、何個か傾向をあげておきましょう。

◇長い間一緒にいる必要がない、簡単なカフェやファーストフ-ドなどでデートする

「真面目な出逢い目的」で女の子とお会いする時、これはH目的ではないと考えますし、お金も絡まないので、ビジュアルがイラッとするからって断るのはかなり手間が掛かります。

更に、長きに亘りメールのミーティングして、フレンドリーになったくらいの女の子であるならば、より一層断り辛いです。

こういった場合は、とどまることなく帰れるような所、例えば「カフェ等で若干話してサヨウナラ」という考え方が一番手堅いだと思います。

顔を合わせた後にコミュニケーションをしなければ「自身のこと好意を寄せてくれはしなかったんだな」と女性陣は踏まえてもらえますので、皆さんとの起因は当然帳消しします。

人の事を好意を寄せてくれていた女性であれば、少し可哀想ですが、回避できないことです。
私たちはボランティアで会っているのではないのですから、、。

業者やセミプロフェッショナルと違い、「真面目な出会い目的」の場合は、女性の皆様が先に迎えることが多いので、遠くから検証してみて、納得できない感じの女の子であれば逃げ出すのも手です。
けど、それは今後の出会い系サイトの将来性がなくなる起因となりえるのでおすすめしません。

そういった部分を重ねていると、間違いなくはネット内に「ドタキャン男性」「最低男性」というみたいに、人の悪口が耳にしてしまう時もあるようです。
ネットで書かれると精神的に辛いので、お勧めしません。

そうなったら、出会い系サイトで女性の人と遭遇するのはほんまシビアなものとなります。

在りえない程ひどかったり、プロファイルや写メと違ったような女性ということならば話は違いますが、デートの約束した場合ちゃんと話はしましょう。

最低限、概ね一時間程度はサポートしてみましょう。

出会い系サイトで多くの女性と出会えれば、イメージと違った女性と出会ってしまう事は必ず起きてしまいます。
しかし、それ以上に可愛い女の子にでも出会えるので、例の出会い系サイトランキングで比較したり、攻略法を学び、確率を下げる事が大切です。

▽重要ポイント
・一緒にいたくない女性であってもコーヒーショップ程度であればあっという間会話をすれば間に合うし、経費もコーヒー代ぐらいで痛手は少ない
・業者やセミプロ、ワリキリの類は、風俗同様にチェンジの感覚で断りましょう。
・確実にプロフが違う場合でも、断った方が双方幸せになる